首の症状を治せばほとんどの症状は治る!?中枢に対する施術の重要性とは!?

最終更新: 9月18日

 こんにちは、山の上の院長です。皆さんに「首は大切な部分です。」とお話しをさせて頂くと、大半の方は大切だということは感覚的に理解はしているものの、実際にどうして大切なのかをわからない方が多いと思います。では具体的に、首はどうして大切なのか、首に不具合が起こることでどのようなことが考えられるのかをお話ししてみたいと思います。ただ単に首の痛いという方だけでなく、様々な症状につながるケースがありますので、ぜひ最後までお付き合い下さい。




首は万病と不定愁訴のもと


 首には様々な神経や不調の反応点が分布している為、首の不具合によって数多くの症状に陥りやすくなることが考えられます。中でも原因不明と言われる不定愁訴の原因になっていることも少なくなく、首の痛みで病院を受診しても「骨の問題(関節の隙間がせまい等)」や「石灰化・骨化」の問題にされてしまうこともありますが、大半の場合はその問題だとは言えません。  意外と多く診断を受けているケースですが、首の動きが悪い、首に痛みがあるという理由でレントゲンなどを撮影しても、実際の原因を見つけてもらえず、レントゲン写真やMRIなどの画像からだけ理由を探さなければならない為に、多くの場合、骨の隙間や軟骨、腱や靭帯の石灰化や骨化など、実際の問題点ではない病名をつけられてしまいます。こうなってくると、いくら治療の為に通院しても、まず良くなることはないと思って下さい。また、本当に骨の隙間や軟骨などの問題、腱や靭帯の問題だとすれば、電気治療や痛み止め、湿布などでは骨の隙間が広くなることはありませんし、軟骨が増えることもありません。また、石灰や骨化した軟部組織が元通りに戻ることももちろんありません。  もし現在、このような病名に対して上記に挙げたような治療を繰り返しても症状が改善しないという方は、ぜひ病院を変えて頂くか、治療方法、施術方法を変更してもらうことが必要となります。しかし、病院の先生に対して治療方法を変更してほしいと伝えても、きっと変更してもらえることは少ないと思いますので、一番手っ取り早いのは病院自体を変えて頂き、それまで通っていた病院の診断内容と治療内容を伝えて頂いた上で、改善がないということをお話し下さい。その為のセカンドオピニオン、サードオピニオンです。



神経性症状・ノイローゼなども首が原因になっていることも・・・


 頸椎部の一番上に位置している骨の微妙なゆがみがあると、神経性症状やノイローゼ、ヒステリック、目の諸症状、耳の諸症状、頭痛、自律神経系諸症状などが引き起こされる可能性が考えられます。この頸椎一番目の骨の数ミリ程度のゆがみはとても分かりにくい部位のひとつで、たった数ミリ(実際には1ミリ程度)の問題が、体にとっては大きな不調を出してしまうこともあります。

 この部位のゆがみや筋肉、筋膜の調整はとても大切な部位となり、この数ミリのゆがみによってその下にある頸椎部の骨、さらにその下の胸椎部、その下の腰椎部、骨盤と、全てがバランスをとろうとしてゆがみを作ってしまいます。基本的には脳が水平となるように人間の体はバランスをとりますが、例えば頭部が右に傾くと、逆側に位置している左肩を下げることで頭部は水平になります。ただ、そのままでは左骨盤部も下がろうとしてしまう為に、今度は左骨盤部を高くしてしまいます。  こうなると後ろから見た時に、脊椎(背骨)がアルファベットのS字カーブを描きますが、常に脊椎のセンターに中心軸を作ろうと働きかけます。その際、筋肉が収縮することによって、筋肉がつながっている骨を引っ張ってゆがみを作り出す為に、その部位の筋肉は拘縮(固くなる)してしまいます。

 よく矯正という名のもとに、首や体を急激にひねって「ボキボキ」と体を鳴らす方がおりますが、ただ鳴らすだけでは矯正はできませんし、中には音が鳴るまでしつこくひねろうとする先生もおります。この行為は靭帯損傷などを引き起こす可能性があり、また、悪化させる症状や病気が潜んでいる場合もありますので、誤った矯正方法は絶対に行わないようにして下さい。  尚現在、頸椎部に対するひねる行為であるスラスト法は、厚労省から注意喚起されております。間違った動作や理論は、頸椎部の不具合や痛みを招くだけでなく、病気が潜んでいた場合、動脈損傷や神経損傷を引き起こす可能性もあります。





頭痛の大半も首の不具合から起こる


 頸椎部の不具合が引き起こす代表的な症状のひとつに「頭痛」があります。頭痛は、痛みが出る都度、鎮痛剤を服用しているという状況では改善へと向かうことはまずありません。それよりも薬剤の服用が当たり前となり、薬がなければ日常生活を送ることもままならなくなってしまうこともあります。

 主に頭痛に関連性がある頸椎部は、全部で7個ある頸椎骨(首の骨)の中の、頭部から数えて上から3番目(正確には3番と4番の間)までが重要で、その部分に出る不調や病気の反応点としては「頭痛・耳鳴り・突発性難聴・めまい・目のかすみ・眼精疲労・嗅覚障害・自律神経失調症・うつ・目の血流障害・三叉神経痛や三叉神経麻痺(顔面神経痛や顔面麻痺)など」が挙げられます。  このように、大雑把に言うと、首の7個ある骨の半分より上は顔の症状、半分よりしたは肩や腕の症状というように分けられます。もちろん厳密に言えば一部呼吸器症状に関連性があったり、指定難病に関連性がある場合もありますので、あくまでも大雑把に表現していると考えて下さい。

 例えば頸椎部の半分より下側でヘルニアなどが起こった場合は、肩の重さ、上肢や前腕(腕)のしびれや痛み、手指(手の指)のしびれや痛みが現れやすくなります。この症状がひどくなると、前側にある鎖骨の下部にも違和感が出ることもあり、心臓の症状などと勘違いしてしまったり、吐き気が出てくることもあります。



首の症状は意外と早く治ることもあります


 首にまつわる症状は、体の他の部位と同様で痛みが出ますが、その他にもめまいや吐き気などの体調不良と思わせる症状が出てしまう場合もあります。その為、他の部位の痛みと比較すると酷い症状に傾向はありますが、腰部などと比べて早く治る傾向にある部位とも言えると思います。ただし、きちんとした原因を特定して、きちんとした治療や施術を行った場合(行える先生に出会った場合)という条件があります。  この条件に見合わなかった場合、治らないのであればまだしも、悪化させたり、それまで正常だった組織を損傷させたりしやすい部位でもあります。また、頸椎部の損傷は、全身に波及する不調を出してしまう部位でもありますので、その辺をきちんと理解して治療や施術に当たってくれる先生を見つけることが大切だと言えます。

 目安としては、最初の治療や施術で、明確に症状の緩和や改善が見られる、話しを聞いたり質問を繰り返した時に、納得できる理論や原因をきちんとわかりやすく説明してくれるなどをひとつの指標として先生をお探し頂けると良いかと思います。

presented by

〒028-7113 岩手県八幡平市平笠24-1-4 いこいの村岩手2階

佐々木長生整体院

整体院直通携帯電話 090-6225-9364