秋口は急激な気温と気圧がもたらす体調不良の季節。

最終更新: 9月26日

 こんにちは、山の上の院長です。私の地元岩手県では、気候も景色も飽きの装いになってきました。それと同時に夏の猛暑から、とても過ごしやすいというか、やや肌寒いと感じるほどの気温となり、朝晩は逆に寒いと感じてしまうくらいまで気温が低下しています。この日中の気温と朝晩の気温との差が大きくなってくると、山の木々の葉の緑色の色素が抜けて行き、徐々に黄色から紅(赤)へと変化する紅葉が始まります。周囲の景色はとてもきれいに色づいて行く季節なのですが、人間の体にとってはとても厄介な季節となる秋口。その秋口に起こりやすい体調不良や痛みを解説してみたいと思います。




気圧の大きな変化


 よく体調不良が起こったり、体に痛みや体調不良が起こると、天気が崩れるとか、雨が降るというお話しを耳にしたことはないですか?これは、気圧が下がり始めると交感神経を刺激することで体には様々な変化が起こることが原因のひとつになっています。


 交感神経を刺激され続けると、交感神経優位な状態の体となってしまい、脈拍、血圧、血流が上昇傾向になってくることが考えられます。その為、片頭痛や血管性の頭痛と呼ばれる症状がある方は、血管の内部の内圧が上昇してしまい、ドクンッドクンッと脈を打つような頭痛が現れやすくなります。また、交感神経優位の状態の場合、筋緊張が起こりやすくなっている為に、腱鞘炎、ギックリ腰(急性腰痛症)、肩こり、腰痛、関節痛に似た症状などなど、多くの筋筋膜系症状が起こりやすくなってしまいます。


 その他にもイライラしやすくなるノイローゼ症状や、動悸、疲れやすいなどの体調不良、眼精疲労、耳の症状など、挙げればキリがないほど様々な症状が考えられます。



気温の急激な変化


 気温の急激な変化の場合、単に気温の変化に伴う体調不良や諸症状の他に、生活環境によって引き起こされてしまう症状のふたつが考えられます。


 大きな気温差は、体の体温調節機能に影響を与えてしまい、血圧の変動差、風邪の諸症状、免疫力の低下、筋拘縮などが考えられます。その他にも生活環境によって起こるというか、我々の不注意的なことで起こってしまう症状も考えられます。具体的にどういうことかというと、例えば、夏場の暑さの延長線上で、気温が低下してくる今の季節でも、薄手の布団で寝ているとか、ついつい薄着で過ごしてしまっているなど、注意をすることで充分に防ぐことのできる症状がそれに当たります。


 朝起きてみたら寒かったと感じるようであれば必要以上に体が冷されている状態で寝ていることが予想されますので、体温調節機能がうまく働かずに風邪や感染症などに対する免疫力の低下や、急な発熱などが起こる場合もありますので、昔から言われる「季節の変わり目」には充分な注意が必要です。





秋口に体調不良が起こりやすい理由


 女性にとってはあまり良い感じがしない方も多いかもしれませんが、昔から「女心と秋の空」という格言のような言葉があります。これは、女性の心と秋の空(秋の天気)ほど変わりやすいものはないという例えで、そのくらい秋の天候は気圧が不安定になりやすく、少し晴れたかと思った途端に、いきなり大雨が降ってきたり、その大雨が突然何事もなかったかのようにやんでみたりと、大きく変わりやすい時期となります。これは気温も気圧も年間の中でとても不安定な時期であり、さらには夏場に冷たい物を飲み過ぎたり、冷たい物を食べ過ぎてしまうことで胃などの消化器を刺激してしまったことで、内臓の疲れや疲弊も起こっている状態となっており、余計に体調不良が起こりやすい季節と言えます。


その他にも、夏場の暑い時期に入浴をせずに手軽にシャワーを浴びるだけで済ませていたことで、日々の疲労回復が遅れがちになっていたり、手軽なものだけを食べるなどして栄養バ ランスが崩れてしまっていることも秋口の体調不良の要因のひとつだと思います。


 秋口の体調不良は、周囲の環境の変化の度合いと、夏場に蓄積され続けた内臓の疲弊による影響が思いのほか大きいと言えます。



これから感染症が流行する季節


 これから先は例年であればインフルエンザウィルスが流行する時期に差し掛かってきますが、今年は年明けとともに新型コロナウィルスという新たな感染症が流行している最中でのインフルエンザの季節となります。複数のウィルスに同時感染となると重症化しやすい傾向にあると言われていますが、今年のインフルエンザの流行に関しては専門家の意見も真っ二つに分かれています。というのは、新型コロナウィルス感染症とインフルエンザとの同時感染を懸念する意見がある一方で、新型コロナウィルス対策である手洗い、うがい、マスクなどが日常的になっていることから、思ったよりもインフルエンザが流行しないのではないかというご意見もあります。こればかりはふたを開けてみないと何ともいえないところですが、常に万が一のことを考えた対策をしておくことが何よりも大切です。

presented by

〒028-7113 岩手県八幡平市平笠24-1-4 いこいの村岩手2階

佐々木長生整体院

整体院直通携帯電話 090-6225-9364